My Principle   

だいぶ暖かくなってきましたね。
もうすぐそこに春が近づきつつあるのかもしれません...それにしても短い冬です058.gif

さて、先の日記で書きました『展覧会』のお話しをさせていただきます029.gif



僕が観てきたのは、神戸の大丸百貨店で開催されていた『白洲次郎・正子展』です!

今更説明の必要もないですが、私が最も敬愛する人物の一人で
生涯の憧れでもあります053.gif

一見乱暴な物言いながらその実、慈愛に満ちた好漢であり、
ケンブリッジを卒業した俊秀かつ完璧な“紳士”でありながら
その内には激しい闘志とプライドを秘め、
戦後日本の大混乱期に疾風のように駆け抜けた
まさに「風の男」...

その彼と運命的な出会いをし、
伯爵家の令嬢ながら随筆家でもあり、
女人禁制の能舞台に初めて立つなどの芸術を極める心を持ち、
仏像・陶器・花器などの稀代の目利きとしてその才能を開花させたその妻...

その貴重なコレクション(現物ですよ!)が
展示されているということで、幾多の書物で彼について知悉していた僕は、
今回“USJ”と“郷帰り”にかこつけて連れて行っていただきました...058.gif

彼のすごさについては、ぜひ世に出ている本をお読みいただくか
今月NHKで放送されるドラマ『白洲次郎』をご覧いただければ
かなりの部分で、彼の人となりがおわかりいただけると思います029.gif

敗戦国ながら心に抱き続けた日本人としてのプライドと
そしてその生涯をかけて貫いた
曲がったことが大嫌い、生来にして生まれ持った知性と理性の働く行動指針ともいうべき
『プリンシプル』...
そうです、まさに彼自身が僕の“プリンシプル”です072.gif

いみじくも、今年の僕の年賀状のテーマは
『白洲次郎というプリンシプル』でした。
これは限られた方にしか差し上げておりませんでしたが
この一事をみても、僕にとってどれほど“白洲次郎”が憧憬の対象であるか
おわかりいただけるかと思います016.gif

日本国憲法 第1章 第1条
『天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く』

この「symbol」を「象徴」と訳した人こそ、
“従順ならざる唯一の日本人”とGHQを唸らせた
白洲次郎-その人でした。

尤も、僕のような未熟で力のない庶民には端から無理な話でしょうが、
惜しむらくは、白洲次郎さんに彼自身が理事長を務めた『軽井沢ゴルフ倶楽部』で
『こら若造、とっとと打て!(PLAY FAST)』って
呵られてみたかったなぁ...032.gif
[PR]

by enshuya | 2009-02-12 15:36 | ひとりごと

<< 甘いワナとひなまつり... 茶そばとミュージカルとUSJ >>