巨星、墜つ   

おはようございます。
ここ数日、すっかり暖かさが増してきました058.gif
朝晩はまだ少し冷え込みますが、
いよいよ春が近づいてきました。いい季節になりましたね016.gif
今週もどうぞよろしくお願い致します029.gif

今週の月曜日、若干寒さが残る中、告別式に行って参りました。
亡くなったのは、母方の祖父でした。

享年101歳(!)ですから大往生ともいえますが
以前から寝込んでいたわけでもなく意識もしっかりしていたので
我々親族にとっては、祖父の容態がそこまで深刻なものだという
意識は全くなかった矢先の訃報でした。

祖父は新聞店を営んでおり、数年前に聞いた新聞店創業当時
現在の大新聞社を隆盛に導く一助となった
ライバル他社との販路獲得戦争のエピソードを話してくれ
新聞社が保有するプロ野球球団創設時に
新聞社から依頼を受けて(!)応援を手伝った経緯から
まるで自分の子や孫、曾孫達のような慈愛に満ちた眼差しで
プロ野球のテレビ観戦をしていた在りし日の姿が
いまでも思い出されます。

さほど苦しまずに天に召されたことが
なによりの救いではありましたが
もうあの祖父のやさしく陽気な笑顔を目の当たりにできないことが
寂寞として大きな喪失感があります。

しかしながら、祖父はこれからも天国から
往年の名選手、かつてのお仲間達と一緒に
我々一族を見守っていてくれると思っています。

ありがとう、おじいちゃん072.gif

心よりご冥福をお祈り申し上げます...合掌040.gif
[PR]

by enshuya | 2010-02-24 10:43 | ひとりごと

<< 不覚… 牛まぶしとひなまつり >>