美しき「矜恃」   

b0123516_15394273.jpg

本日午前、一つの新たな伝説が生まれました。

北島康介選手
北京オリンピック 男子100m平泳ぎ
世界新記録(WR)-金メダル
038.gif

弛まない努力によって鍛え上げられた肉体、
大舞台を前に自らにプレッシャーをかけ研ぎ澄ました感性と恐るべき集中力、
そしてなにより、いまの彼が持っているもので
いまの日本人がともすればどこかに置き忘れてしまったもの...

「矜恃」※

※「矜恃」(きょうじ)-自信と誇り。自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。プライド。

オリンピック開幕前に、「LR」と呼ばれる水着問題で日本中が揺れていた頃、
彼は「泳ぐのは僕だ!」という強いメッセージと
それに相応しい予選段階での世界新記録を叩き出して周囲の雑音を吹き飛ばし、
そして最もプレッシャーのかかるこの大舞台で見事に「有言実行」

『(準決勝で)59秒0、(決勝で)58秒台を狙う』
-文字通り、世界最高のパフォーマンスを見せてくれました。

今日、彼の中に強烈な矜恃-有言実行できる心の強さ
それに相応しい気高さを見ました。

同じ日本人として、彼を心から誇りに思います038.gif

北島選手、おめでとう!
そして
日本人の矜恃を世界に示してくれて、本当にありがとう!
あなたの涙に感動しました!!040.gif


今夜は、なんだかわからないけど、乾杯したい気分です!068.gif037.gif
[PR]

by enshuya | 2008-08-11 16:13 | ひとりごと

<< お盆と涼感 腰痛が... >>