Be a "Clown"   

昨日、市内のホテルで私が所属する会の県単位の情報交換会(20ある各部会の代表者
3~4人が集まる会議)が行われ、私も参加して参りました。

会議日程が、情報交換会→講演会→懇親会で14時~19時と非常に長時間に
亘るため、終わった頃にはもうヘロヘロ042.gifになっているのが常なんですが、
昨日の講演会は大変面白く、また参考になるものでしたのであっという間の1時間でした。

講師は「クラウン(道化師)」のパフォーマンスをしてらっしゃる方だったのですが、
愛知万博のパレードやセントレアでのイベントを手がけるプロデューサーでもあります。

そもそも私も認識違いをしていたのですが、皆さん、
「日本にはピエロはいない」って知ってました?034.gif

つまり、
日本にいるのは「クラウン」であり、
「ピエロ」はその中に含まれる1つの役名(固有名詞)に過ぎない

ということらしいんです!029.gif

そういえば、本来のピエロとは顔は真っ白で哀愁を漂わせているようなキャラクターのことで、
イタリアの有名な劇『コメディア・デラルテ』に登場するキャラクターが起源とされています。
(『コメディア~』は『名探偵ポワロ』で知りました037.gif)

さてこの“クラウン”ですが、日本では「チンドン屋」ぐらいにしか評価されていないそうで、
実は海外では大変にステータスが高く、たとえば、

1. サーカスで最も給与が高い

2. ボリショイアカデミー(ロシア)では最もエリートしか
クラウンにはなれない

(クラウンになれなかったからプリマドンナになったという人が何人もいる)
...ものを知らないということは怖ろしい、と感じました007.gif

講演では、いま講師が取り組んでおられる「ホスピタルクラウン」
(病院にいるクラウン)
についての講演があり、
病院という“街”で生活していかざるを得ない長期療養の子供達に笑いを与えることで
彼らの成長の手助けをする...という素晴らしいお話を聞かせていただきました。
(なんと、アメリカ・クイーンズ地区の病院にはER(集中治療室)付きの
クラウンがいる
とか!)

お医者さんが笑えば、看護婦さんに笑いが生まれ、そこから病棟・病室にいるお母さんの
緊張が和らぐことで子供達が自然に笑い出す環境が生まれる...

「笑いは伝播する」037.gif

だからこそ、「職場に笑顔を生み出す=空気を変えることで
サービスが変わる」
という素晴らしいお話を聞かせていただき、
お話に深く引き込まれ、感動致しました!038.gif

早速実践してみようと思っておりますが、そのエッセンスは私はとてもお話しできませんので
すみません...040.gif
[PR]

by enshuya | 2008-10-10 09:28 | ひとりごと

<< フォーミュラ+コリアン? 『秋の味覚フェア』 開催中! >>